歯周病治療

歯周病について

歯周病について歯を失う病気と言えば、むし歯をイメージする方が多いのではないでしょうか。実は、30歳以上の人が歯を失う主な原因は歯周病なのです。

歯周病患者の数は、自覚症状に乏しい軽度の歯周炎を含めると、成人の8割以上にのぼるといわれています。歯周病が特別起こりやすい年齢はありませんが、加齢が原因で唾液量が減少すると、歯周病菌が増えやすくなり、歯周病のリスクが高まります。

また、歯周病を放置すると、歯周病菌が血液によって全身へと運ばれて、さまざまな悪影響が及ぶことがわかっています。例えば、歯周病菌が出す毒素や炎症を引き起こす物質は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病悪化などのリスクを高めます。

そのほか、低体重児出産や早産のリスクまでも高まると言われているのです。このように、歯周病は全身の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、日々のブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスで、ご自身の歯を守ることを意識しましょう。

歯周病かも?簡単チェック

歯周病は自覚症状に乏しいため、なかなか早期発見が難しい病気です。次のような症状がある方は歯周病になっている可能性があるため、歯科医院でチェックしてもらいましょう。

  • 歯を磨いた時に歯茎から出血する
  • 朝起きたとき口の中がネバつく
  • 歯肉がむず痒い
  • 歯茎が傷む
  • 口臭が強くなった気がする
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 硬いものを噛みにくい
  • 歯が長くなった感覚がある
  • 歯と歯の間に隙間がある
  • 前歯が出っ歯になってきた食べ物が歯に挟まる

当てはまる数が3つまでの場合は、歯周病にはなっていないものの油断しない方がよいと言えます。6つ当てはまる場合は、すでに歯周病が進行している可能性があるでしょう。全て当てはまると、歯周病がかなり進行している可能性があるため、できるだけ早く歯科医院を受診することが大切です。

当院での歯周病治療

歯周病治療を受けるとき、どのような治療を行うのか気になったり不安に感じたりする方が多いのではないでしょうか。そこで、当院で行う歯周病治療をご紹介します。

歯のスケーリング(軽度歯周炎)

所沢 歯周病 超音波スケーラー軽度歯周炎は歯肉炎とも呼ばれます。歯肉に軽度の炎症が起きているため、歯ブラシが当たることで容易に出血します。また、歯周病が進行すると、歯と歯肉のすき間が深くなり、歯周ポケットが形成されます。歯肉炎の状態では歯周ポケットが浅く、歯石は外側から見える部分にのみ付着しているため、スケーリングによって治療が可能です。

スケーリングとは、歯垢が石のように硬くなった歯石を超音波スケーラーと呼ばれる器具で取り除く処置です。歯石は、自宅での歯磨きでは取り除けないため、歯科医院で定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

歯のルートプレーニング(中度歯周病の場合)

歯のスケーリング歯周病が中度に進行すると、歯周ポケットが深くなり、外側からは見えない場所にまで歯石が付着します。歯石と歯のざらついている部分には、ハンドスケーラーなどでルートプレ―ニングという処置を行います。ルートプレ―ニングによって、汚れが再び付着するのを防ぐことが可能です。

また、炎症が強く、軽く触れるだけで痛みを感じるケースでは、処置の前に麻酔をします。

 

 

歯周外科手術(重度歯周病の場合)

重度に進行した歯周病は、歯周ポケットが非常に深くなっているため、手探りでは歯石を取り切れません。そのため、麻酔をして歯肉を切開し、歯根を露出させた状態で歯石や汚染された組織を丁寧に取り除きます。

また、歯周病によって歯周組織が失われた場合は、歯周組織を再生するための治療も検討します。

歯周病を予防しましょう

歯周病を予防するには、歯周病の原因菌が多数棲息している歯垢を取り除く必要があります。歯垢は、歯ブラシで擦ることで取り除けますが、歯磨きの方法を間違えると取り除ききれません。その結果、歯垢が歯石へと変化して、歯周病のリスクが上がります。

歯磨きのポイントは、歯と歯茎の間に45度の角度で歯ブラシを当てて、やさしく丁寧に細かく動かすことです。また、歯の表面には、歯ブラシを垂直に当てて細かく動かしましょう。ゴシゴシ磨きは、歯茎にダメージを与えたり歯を削ったりする恐れがあります。このとき、鉛筆と同じように歯ブラシを持つと、余計な力をかけずに磨けるでしょう。

また、不規則な生活は免疫力に問題が生じて、歯周病菌に対する抵抗力が落ちる可能性があります。規則正しい生活を心がけつつ、喫煙や過度の飲酒、ストレス過多などの習慣を見直しましょう。

一番上に戻る
042-937-4718 24時間WEB予約24時間WEB予約