むし歯治療

所沢 むし歯治療

むし歯治療について

むし歯治療についてむし歯が進行して神経に達すると、通常では神経を取り除く処置をします。しかし、神経を失った歯は、折れたり欠けたりしやすくなるため、むし歯が神経に達する前に治療を始めることが大切です。

当院では、神経に近い場所にまでむし歯が到達していても、できるだけ神経に負担をかけないように治療行ったり、むし歯を拡げないための工夫をしたりして治療を行います。また、むし歯菌に侵された神経だけを丁寧に取り除き、お薬で埋めることで残った神経を保護します。

このような処置によって自然治癒を促せるため、神経を完全に取らずにむし歯の治療が可能です。

グランエミオ所沢歯科のむし歯治療への取り組み

グランエミオ所沢歯科のむし歯治療への取り組みむし歯治療と言えば、どうしても痛むものと思っておられる方はいらっしゃいませんか?

実は、必要な設備を整えて丁寧に行うことで、限りなく痛みが少ない治療を実現できるのです。グランエミオ所沢歯科では、歯や歯周組織へのダメージを最小限に抑えることで、痛みの少ないむし歯治療を行っています。

また、ご自身の歯を残せるように、「できる限り歯を削らない治療」も心がけています。「痛みが少ないむし歯治療」と「できる限り歯を削らない治療」」のために、当院がこだわっていることをご紹介します。

痛みが少ないむし歯治療

痛みが少ないむし歯治療むし歯治療では、麻酔を使用します。そのため、大きな痛みを感じることなく治療を受けていただけます。しかし、麻酔の注射針が歯肉に刺さるときの痛みが苦手な方が少なくありません。また、麻酔液の注入スピードにムラがあることも痛みが起こる原因です。

そこで、当院では表面麻酔や電動麻酔器を用意しています。

表面麻酔は塗るタイプの麻酔のことで、麻酔注射をするところに麻酔を塗ると、針が刺さるときの痛みを軽減できます。そして、電動麻酔器は一定の速度で麻酔液を注入できる機器です。この2つの方法で麻酔時の痛みを軽減しているため、麻酔注射が苦手な方も気軽に受けていただけます。

できる限り歯を削らない治療

できる限り歯を削らない治療むし歯になった部分は、削る必要があります。削ったところに詰め物や被せ物をして、歯の機能を補うことが基本的な治療法です。しかし、一度削った歯は二度と元には戻りません。そして、歯を削るほどに歯の寿命が縮みます。

歯を繰り返し削ることで、最終的に抜歯を余儀なくされ、入れ歯やインプラントなどの処置が必要になるのです。当院では、少しでもご自身の歯を維持できるように、可能な限り削らない治療を心がけています。

また、患者様の歯をできるだけ削らない治療を実現するために、「拡大鏡」を導入しています。拡大鏡は視野を何倍にも拡大できる機器で、むし歯を詳しく観察できるようになることで、削る量を最小限に留めることが可能になります。

むし歯の進行状況について

むし歯治療の方法は、進行状況によって異なります。

1初期むし歯

.初期むし歯歯の表面が溶けてツヤが失われ、白く濁ったり薄い茶色がかったりします。この段階では、痛みや食べ物・飲み物がしみることはありません。歯を削ることなく、日々の歯磨きや歯科医院での歯のクリーニングで改善できる可能性があります。

2エナメル質へ進行したむし歯

エナメル質へ進行したむし歯歯の表面を覆うエナメル質に穴があいても、痛みは感じません。コンポジットレジンで修復することで治療できます。歯を削る量も少ないため、1日で治療が終わる場合もあります。また、むし歯の範囲によっては麻酔も必要ありません。

3象牙質まで進行したむし歯

象牙質まで進行したむし歯歯を構成する象牙質にまで進行すると、冷たいものがしみたり、むし歯になったところに食べ物が詰まりやすくなったりします。コンポジットレジンによる修復や、詰め物・被せ物による治療を行います。

4神経まで達したむし歯

神経まで達したむし歯神経にむし歯が達したときには、歯に大きな穴があいています。また、神経に炎症が起こることで、激しく痛みます。基本的には、根管と呼ばれる部分にある神経を取り除き、きれいにしてから薬を充填する根管治療が必要です。むし歯の範囲によっては、コンポジットレジンによる修復や、詰め物・被せ物による治療を行います。

5歯が崩壊して歯根が残ったむし歯

歯が崩壊して歯根が残ったむし歯神経に達したむし歯を放置すると、やがて神経が死んでしまいます。この場合、痛みを感じないことが多いのですが、歯根に膿が溜まることで痛むケースもあります。むし歯菌は、血液によって全身に運ばれて、さまざまな健康問題を引き起こすともいわれているため、早期の治療が必要です。

歯を保存できる場合は根管治療を行い、被せ物を使用します。保存できない場合は、抜歯を余儀なくされる可能性があります。

むし歯Q&A

乳歯はいずれ抜けるので、むし歯は放置しても大丈夫でしょうか?

乳歯のむし歯を放置すると、歯の神経が化膿することで、歯根で細菌が増えて膿が溜まる場合があります。次に生えてくる永久歯の成長の邪魔をするほか、むし歯菌が大量に存在する環境に生えてくることで、永久歯が早くむし歯になる可能性もあるでしょう。

そのほか、歯並びにも悪影響を与える可能性があります。

進行止めを塗ればむし歯を放置しても進行しませんか?

あくまでも、むし歯の進行を「抑制」しているに過ぎないため、進行する可能性があります。ホームケアを続けながら、必要に応じて進行止めを定期的に塗ることが大切です。

学校健診でむし歯が見つからなければ定期健診を受けなくても大丈夫ですか?

歯科医院では、学校健診よりも精密な検査が可能なため、むし歯が見つかる可能性があります。特に、歯に穴があいていないむし歯は見つけにくく、見落としがちです。定期的にレントゲン撮影を受けていただくことで、むし歯を早期発見できるでしょう。

むし歯治療のときの麻酔が怖くて受診できません。どうすればいいですか?

むし歯治療を受けるのが遅くなると、結果的に歯を失う恐れがあります。また、通院期間が長くなったり、治療費も高くなったりします。

当院では、表面麻酔と電動麻酔器を用いて、可能な限り痛みが少ない麻酔処置を行っておりますので、お気軽にご相談ください。また、恐怖心から痛みが増幅されるケースもありますので、安心して治療を受けていただけるように、丁寧かつ十分な説明を心がけています。

詰め物や銀歯の治療をすれば、二度とむし歯にならないのでしょうか?

銀歯はむし歯になりませんが、歯と銀歯の境目や銀歯の下はむし歯になる可能性があります。そのため、治療後もホームケアと歯科医院での定期的なメンテナンスは必須です。

歯磨きをしていてもむし歯になるのはなぜですか?

むし歯のリスクは人によって異なります。例えば、フッ化物を定期的に使用していたり、唾液量が多かったりする人は、むし歯のリスクが低いでしょう。そのほか、唾液が持つ酸を中和する力が強い場合も、歯が溶けにくくなることで、むし歯のリスクが低くなります。

このような、むし歯リスクについては当院で詳しくご説明しておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

一番上に戻る
042-937-4718 24時間WEB予約24時間WEB予約