審美歯科治療

所沢 審美歯科治療(セラミック治療)

審美歯科(セラミック治療)とは

審美歯科(セラミック治療)とは審美歯科では、天然の歯に近い見た目へと整える治療を行います。審美治療で代表的なセラミック治療は、天然の歯に限りなく近い色・質感のセラミックで歯質を補う治療法です。

むし歯によって穴があいたところにセラミックを使用すれば、銀歯などと比べて自然な見た目に仕上がります。

セラミック治療では、過去に金属で修復した部分をセラミックに交換したり、変色した歯を治療したりできます。

また、歯の形を整えるためにセラミックを使うことも可能です。セラミックの特性を活かし、天然の歯と同じような見た目に整えることで、口元に自信を持てるようになるでしょう。

また、人それぞれ異なる歯の形に合わせたオーダーメイド治療も行えます。

審美歯科治療のポイントはココ!

審美歯科治療では、歯の見た目を美しくする処置を行います。

天然の歯に限りなく近い色調

セラミック天然の歯は、単に白いわけではありません。よく見ると、単なる白色ではなく、部分的に色調が若干異なるのです。そのため、真っ白な素材を使っても、天然の歯に近い見た目にはなりません。セラミックは、天然の歯の複雑な色合いを再現できるため、治療したところがほぼわからなくなります。

 

 

天然の歯に近い透明感

セラミック矯正天然の歯が美しいのは、透明感があるためです。セラミックは、天然の歯に近い透明感を実現できるため、自然な見た目に仕上がります。

 

 

 

美しさが持続する

セラミックは、透明感や色調、ツヤが長く持続します。保険適用のレジンは、長年使用すると黄色や茶色に変色しますが、セラミックはほとんど変色しません。

耐久性に優れている

セラミックは耐久性に優れているため、すり減りにくく、長期間の使用が可能です。

審美歯科メニュー(種類)

当院で使用するインレー、クラウン、ラミネートべニアをご紹介します。

インレー(詰め物)

インレー(詰め物)インレーとは、虫歯治療などで歯の穴があいたところに詰める補綴物です。当院では、次のインレーを使用しています。

エコノミーセラミック
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材です。完全なセラミックよりも安価で、保険適用のプラスチックよりも審美性に優れています。
ファインセラミック
100%セラミックの素材です。天然の歯に近い色合いや形のため、口元が明るくなります。耐久性にも優れており、すり減りや変色が起こりにくいことも特徴です。
ゴールドインレー
金合金の詰め物で、しなやかで天然の歯との適合性に優れています。天然の歯に近い硬さのため、噛み合う天然の歯を傷めません。そのため、噛む力が強い奥歯に向いています。

クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)クラウンは、歯に被せることで形を整えて歯の機能を補う補綴物です。当院では、次の素材のクラウンを使用しています。

エコノミーセラミック
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材です。完全なセラミックよりもコストが低く、プラスチックよりも審美性と耐久性に優れています。
シャイニングジルコニア
セラミックのみで構成されたクラウンです。耐久性に優れているため、噛む力が強い奥歯にも使えます。
スタンダードセラミック
金属の表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。耐久性に優れている反面、金属を使用しているため透明感は劣ります。また、歯肉が痩せると、歯肉の境目に黒い線が現れるケースがあります。
ファインセラミック
セラミックのみでできた被せ物です。天然の歯に近い見た目、質感、形を再現できて、長く使用しても変色が起こりません。
ジルコニアファインセラミック
完全なセラミック素材のフレーム部分にジルコニアを使用した被せ物です。ジルコニアは耐久性に優れているため、ブリッジにも使用できます。それでいて、セラミックの優れた審美性を持つことが特徴です。
エレガンスセラミック
患者様の口に合うように仕上げるセラミッククラウンです。金属を使用しないため、金属アレルギーの患者様にもお選びいただけます。
ゴールドクラウン
金合金でできた被せ物です。硬すぎないため、噛み合う天然の歯を傷めません。そのため、噛む力が強い奥歯に向いています。
ファイバーコア
ファイバー樹脂製の歯の土台です。金属の土台と比べて白いため、自然な仕上がりになります。また、弾力性があるため、噛む力で割れにくいことも特徴です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

エクセレントラミネート
セラミックの薄い欠片を歯の表面に貼りつける治療法です。歯を削る量が少なく、変色した歯を天然の歯に近い色にしたり、形を整えたりできます。

 

セラミック矯正

 

セラミック矯正は、歯を削ってセラミックを被せ、歯の形や色を整える治療法です。矯正治療と言えば、ワイヤーとブラケット、マウスピースなどで歯を動かす治療をイメージする方が多いのではないでしょうか。

セラミック矯正は、歯を削って形や色を整え、そこにセラミックを被せることで、歯の傾きや大きさの問題を解消します。ただ、歯の傾きや位置を根本的に動かす治療法ではないため、噛み合わせに問題が生じる可能性があります。

白い歯がきれいに並んだ芸能人にあこがれて、セラミック矯正を希望する若い人が増えているようです。削った歯は元には戻らないため、セラミック矯正を受けてから後悔する方もいます。

セラミック矯正と従来の矯正方法の違いを十分に確認のうえ、受けるかどうかを決めましょう。

 

セラミック矯正のメリット&デメリット

セラミック矯正を受ける前に、メリットとデメリットを確認しておくことが大切です。

メリット

セラミック矯正にかかる治療期間は、最短で2週間ほどです。矯正治療と比べて、短期間で完了します。また、天然の歯に近い見た目のセラミックを使用するため、色調と透明感に優れた仕上がりになります。

デメリット

セラミック矯正では、天然の歯を削る必要があります。歯の状態によっては、神経を抜く処置が必要です。また、上下の歯がしっかり噛み合わない場合もあります。

一番上に戻る
042-937-4718 24時間WEB予約24時間WEB予約