マタニティ歯科

マタニティ歯科

「マタニティ歯科」はご存知ですか?
妊婦さんが無事に健康な赤ちゃんを産むためにも、妊婦中にお口の環境を健康な状態にし、むし歯予防・歯周病予防をすることが大切です。
妊婦さんが歯周病の場合、「早産」「流産」「低体重児」のリスクが高くなると言われております。
これは、歯周病の炎症によって「サイトカイン」が分泌され血中に入り込み、子宮の収縮や陣痛を促してしまうためです。

妊娠中のかかりやすいお口の病気

妊娠性歯肉炎
妊娠初期のホルモンバランスの変化により、歯茎の出血や腫れが生じやすくなります。妊娠性歯肉炎は、通常の歯肉炎のように痛みを感じにくいため気付くことが遅くなり、症状が悪化する恐れもあります。

妊娠性エプーリス
女性ホルモンが増加する影響で歯茎がコブのように大きく膨らんでしまう症状です。妊娠によるホルモン増加の影響であり、ほとんどは良性で自然に無くなりますが、気になる場合はご相談ください。

むし歯・歯周病
妊娠中は辛いつわりで歯みがきがしっかりできなかったり、嘔吐によって胃酸が歯の表面を弱くするため、通常よりも虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

妊娠中の最適な治療(検診)時期

妊娠初期:4ヶ月(15週)まで

妊娠4〜8週は特に慎重な診療となります。12週までは極力、診査・治療計画と歯みがき(ブラッシング)指導までにとどめるようにしています。
歯の痛みや歯茎の腫れといった急性症状がある場合は応急処置をしますが、適切な治療はできるだけ安定期から行うようにしてます。

妊娠中期:5~7か月(16週~27週)

妊娠中期は胎児が胎盤により安定するので「安定期」とも呼ばれています。
安定期に入ると、通常の歯科治療からレントゲン撮影や投薬など様々な治療も安心して行うことができます。
妊娠初期で応急処置に留めた症状があれば、比較的安定しているこの時期に治療を行います。

妊娠後期:8ヶ月(28週)以降

妊娠後期では、早産などの危険を回避するため、応急処置までに留めるようにしています。
またお腹が大きくなり、仰向けでの受診で静脈が圧迫されて血圧が低下してしまう恐れもあるので、治療が必要な場合も、出産後に改めて治療を再開するようにしています。

よくあるご質問

レントゲン撮影が赤ちゃんに影響することはありますか?

歯科のX線自体は医科用のX線より被ばく線量が大幅に少ないものです。また撮影する面積も狭く、お口が焦点のためお腹からも離れていますので、赤ちゃんとお母さんへの影響は少ないと考えられています。撮影時にはX線を遮断するための防護用エプロンを着用するので、お腹の赤ちゃんへの影響はほぼありません。

処方された薬を飲むのが心配ですが…

安全性が高いと認められたお薬を処方しますので心配する必要はほとんどありませんが、妊娠中は念のため当院でもお薬の処方をなるべく控えています。処方が必要な場合も妊娠の時期や状態、体調などに合わせ、一番安全だと判断したお薬のみを選んでおりますのでご安心ください。

妊娠中の治療で麻酔を使うことは、赤ちゃんに影響を及ぼしますか?

局所麻酔という部分的な麻酔を使用しておりますので、通常量の使用では母子ともに心配するような影響はありません。
痛みを我慢して治療を受けるストレスの方が問題になることもありますので、痛みを感じた場合は我慢せずにすぐに歯科医師およびスタッフまでお伝えください。

授乳中ですが、母乳への影響が心配です…

通常の歯科治療に加えてレントゲン撮影や麻酔治療などは、母乳はもちろん母体への影響もほとんどありません。
麻酔後や服薬後は5時間ほど経つと薬が体外へ排出されますので、どうしても心配される場合は時間をあけてからの授乳をおすすめします。

一番上に戻る
042-937-4718 24時間WEB予約24時間WEB予約